沿革

2003年の設立から現在にいたる当社の歴史をご覧いただけます。

内容
2021年 9月 ヤフー(株)からGMOフィナンシャルホールディングス(株)へ株式譲渡
外貨ex byGMO株式会社に社名変更
5月 ファイナンススタジアムYouTubeチャンネル「ファイスタTV」を開設
1月 メディアコンテンツ「ファイナンススタジアム」サービス開始
2020年 11月 総口座数40万口座を突破
6月 「外貨ex」FX取引アプリ「外貨exアプリ」提供開始
3月 「外貨ex」オンライン本人確認サービス導入
1月 「外貨ex」業界初お取引でPayPayがもらえるプログラム提供開始
2018年 1月 投資信託の販売業務を開始
2017年 11月 日本証券業協会に加入
2016年 10月 東京ガーデンテラス紀尾井町紀尾井タワーに移転
3月 総口座数30万口座を突破
2015年 9月 「オプトレ!」レンジオプションサービス開始
6月 預かり資産残高1,000億円を突破
5月 「トレードコレクター」サービス開始(2017年7月サービス終了)
2014年 3月 Yahoo! JAPAN×ワイジェイFX「Yahoo!ファイナンス ファイナンススタジアム」を公開(2017年7月サービス終了)
3月 ワイジェイFX株式会社(YJFX!)に社名変更
2013年 10月 「外貨ex」「iPad Cymo(アイパッドサイモ)」提供開始
9月 「オプトレ!」サービス開始
8月 「外貨ex」Tポイントをキャンペーンに導入
7月 ミッドタウン・タワーに移転
1月 総口座数20万口座を突破
1月 (株)サイバーエージェントからヤフー(株)へ株式譲渡
2012年 5月 「外貨ex」スマートフォン版取引画面提供開始
4月 預かり資産残高500億円を突破
2011年 12月 「MT4」サービス開始(2015年3月サービス終了)
8月 「外貨ex」FX業界初「Windows Phone」対応「Cymo(サイモ)」提供開始
2010年 12月 預かり資産残高300億円を突破
11月 「外貨ex」「Exチャート」リリース
7月 「くりっく365」コールセンター24時間受付開始
4月 「C-NEX」サービス開始(2019年11月サービス終了)
3月 「くりっく365」サービス開始(2014年3月サービス終了)
2月 第二種金融商品取引業登録
2009年 12月 総口座数10万口座を突破
10月 「外貨ex」世界初、Adobe AIR使用のFXトレードツールアプリ「Cymo NEXT(サイモネクスト)」提供開始
6月 「外貨ex」コールセンター24時間受付開始
2008年 10月 「外貨ex」パソコンデスクトップ用「Desktop Cymo(デスクトップサイモ)」提供開始
4月 「外貨ex」FX専業初の取引アプリ FX取引モバイルアプリNTTドコモ版「Cymo(サイモ)」提供開始
4月 渋谷マークシティに移転
2月 預かり資産残高100億円を突破
2007年 9月 第一種金融商品取引業者として登録
(登録番号:関東財務局長(金商)第271号)
6月 FXの取引手数料無料化開始
2006年 10月 株式会社サイバーエージェントFXに社名変更
6月 取引システム導入 自社によるカバー取引開始
4月 東京都渋谷区道玄坂に移転
金融先物取引業登録 関東財務局長(金先)第148号
2005年 6月 信託保全サービス開始
2003年 11月 「外貨ex」サービス開始
9月 株式会社シーエー・キャピタルを資本金1億円で設立
投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションなら外貨ex byGMO
外貨ex byGMO株式会社は
GMOインターネット株式会社(東証一部上場 9449)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

外貨ex byGMO