報告書の見方(FX)

FX(外貨ex)の各種報告書の見方のご案内です。

年間損益報告書

年間損益報告書とは、当該年1月1日から12月31日までの取引損益、取引手数料等の合計が記載された報告書です。確定申告の際、必要となります。
※当該年の翌年1月中旬以降、閲覧可能です。
※2007年以前の年間損益報告書は作成されておりません。月間取引明細書等、他の報告書をご利用ください。

年間損益報告書

損益の項目名が記載されています。

取引損益 取引における確定した為替差損益です。
取引手数料 取引において発生した取引手数料です。
スワップ金利 取引における確定したスワップ損益です。
合計 上記3項目の合計です。
キャッシュバック キャンペーン等で発生したキャッシュバック金額です。
該当の金額が無い場合には表示されません。

1年間のトータルで利益となっている場合は「益」、損失となっている場合は「損」と表記されます。

金額が円で表記されます。

月間取引明細書

月間取引明細書とは、該当月(1日~末日)のお取引内容(取引明細、取引損益、口座残高等)が記載された報告書です。
※当該月の翌月第一土曜週次メンテナンス以降、閲覧可能です。

月間取引明細書

前月の最終営業日における口座の残高が通貨毎に記載されています。

取引の明細(日付、注文番号、通貨ペア、新規決済区分、売買区分、取引数量、約定価格、内訳等)が取引のあった日毎に記載されています。

当月の最終営業日における取引合計の内訳(預託金、ツープラス、キャッシュバック、取引損益、スワップ)が通貨毎に記載されています。

当月の最終営業日における通貨毎の残高及び、円評価された資産残高が記載されています。

現在高報告書

現在高報告書とは、該当月(1日~末日)の月末時点で保有するポジション(建玉)残高、証拠金残高を確認する事ができる報告書です。
※当該月の翌月第一土曜週次メンテナンス以降、閲覧可能です。

現在高報告書

ポジション(建玉)残高
「保有ポジション(建玉)」は当該月の最終営業日ニューヨーククローズ時点での、ポジション(建玉)の残高状況が記載されています。ポジションを保有していなければ、0と表記されます。
「差引保有ポジション(建玉)」は両建てを行っている場合、売・買のポジション数を相殺した数量が表示されます。
※両建てを行っていない場合は、「保有ポジション(建玉)」と同じ値が記載されます。

証拠金残高
当該月の最終営業日時点での、証拠金残高(資産状況)が、通貨毎に記載されています。

取引報告書

取引報告書とは、取引日毎のお取引内容(取引明細、残高明細等)が記載された報告書です。
※当該日の翌営業日午後以降、閲覧可能です。
※約定したお取引がない日は作成されません。

取引報告書

当日取引明細
当該日中に成立した、新規注文・決済注文・受渡注文の取引明細が取引毎に記載されています。

決済取引明細
当該日中に成立した、決済注文の取引明細が記載されています。

残高明細
当該日のニューヨーククローズ時点での口座残高を通貨毎に記載しています。

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。
また、店頭外国為替証拠金取引、店頭デリバティブ取引及び、店頭商品デリバティブ取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。
なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。
当社の企業情報は、当社の本店、当社のホームページ及び日本商品先物取引協会のホームページ(https://www.nisshokyo.or.jp/index.html)で開示されています。

FX・CFD・バイナリーオプションならGMO外貨
当社はGMOインターネットグループ
(東証プライム上場9449)のメンバーです。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号 商品先物取引業者
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
日本商品先物取引協会

SSL GMOグローバルサインのサイトシール