1. GMO外貨トップ
  2. FX(外貨ex)トップ
  3. お知らせ
  4. 2022年10月1日(土)取引ルール変更の...

2022年10月1日(土)取引ルール変更のご案内と今後の変更予定について(更新)

2022/9/16

※本お知らせは2022年8月31日(水)に掲載したお知らせを一部更新し、再掲載しております。

日頃より、外貨exをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

2022年10月1日(土)のシステムメンテナンス以降、下記の通り取引ルールが変更となります。
-------------------------------------------
◆変更内容(2022年10月1日システムメンテナンス以降)◆

【現在】
対象通貨ペア:米ドル/円
1回の注文数量上限(新規・決済とも):200万通貨

【2022年10月1日(土)システムメンテナンス以降】
対象通貨ペア:米ドル/円
1回の注文数量上限(新規):100万通貨
1回の注文数量上限(決済):200万通貨

※2022年10月1日(土)のシステムメンテナンス以前にご注文済みの指値、逆指値等のリーブオーダーにつきましては、取引ルールの変更後も注文中数量はそのまま維持され、条件を満たせば約定いたします。
※他通貨ペアの注文数量上限に変更はありません。
※ポジション保有総数の上限4,000万通貨に変更はありません。
-------------------------------------------
また、米ドル/円の注文数量上限につきまして、2022年12月をめどに「決済」注文についても1回あたり100万通貨までとさせていただく予定です。

変更の日程が確定しましたらあらためてお知らせいたしますので、お待ちくださいますようお願いいたします。
-------------------------------------------
◆変更内容(2022年12月※予定※ 決済注文数量上限変更以降)◆

対象通貨ペア:米ドル/円
1回の注文数量上限(新規・決済とも):100万通貨

※他通貨ペアの注文数量上限に変更はありません。
※ポジション保有総数の上限4,000万通貨に変更はありません。
-------------------------------------------
なお、2022年10月3日(月)改訂の外貨ex「外国為替証拠金取引説明書」では、「新規」「決済」とも1回の注文数量上限が100万通貨までの記載となりますが、2022年12月に予定されている「決済」の注文数量上限変更までの間は、「決済」注文については1回あたり200万通貨までのご注文が可能です。

当社では引き続き、お客さまの利便性向上のために、より良いサービスの提供に努めて参りますので、今後ともご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

本件についてご不明な点がございましたら、お客さまサービスセンターまでお問い合わせください。
投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。
また、店頭外国為替証拠金取引、店頭デリバティブ取引及び、店頭商品デリバティブ取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。
なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。
当社の企業情報は、当社の本店、当社のホームページ及び日本商品先物取引協会のホームページ(https://www.nisshokyo.or.jp/index.html)で開示されています。

FX・CFD・バイナリーオプションならGMO外貨
当社はGMOインターネットグループ
(東証プライム上場9449)のメンバーです。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号 商品先物取引業者
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
日本商品先物取引協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

SSL GMOグローバルサインのサイトシール