なっとく!FXブログ/遠藤寿保

「米ドル/円」3日ぶりに反発。

2022年6月20日

相場概況

先週末の「米ドル/円」は、132.15円で始まると、東京時間、時間外の米10年債利回りの上昇や、前日のドル売りの買戻しなどで買いが優勢。日銀は金融政策決定会合で大規模金緩和政策の継続を決定。「米ドル/円」は一時134.64円まで上昇。ロンドン時間、日銀の金融政策修正期待の売り方による買戻しが先行。NY時間、米10年債利回りの上昇や日米金融政策差によるドル買いで、「米ドル/円」は135.42円まで上昇後、134.88円でクローズをむかえた。

相場観

日銀の金融政策にブレはなく、SNBのようなサプライズは起こらなかった。日米金利差拡大を考えると、この上昇も不自然ではない。テクニカル的には、6月16日の陰線を包むような陽線(抱き線)となっており、上昇反発の可能性が高い。6月15日の高値135.58円を突破すると、136円の大台も時間の問題か。

本記事は2022年6月20日10:00に掲載されたもので、情報提供のみを目的としております。
記事の内容は、遠藤寿保の個人的な見解かつ、掲載当日のものになるため、今後の見通しについての結果や情報の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。さらに、かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害について外貨ex byGMO株式会社は一切責任を負いません。最終的な投資判断は、他の資料等も参考にしてご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、上記レートは当社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、実際の取引可能なレートと異なる場合があります。
※コンテンツ、データ等の著作権は外貨ex byGMO株式会社に帰属します。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピー等はおやめください。

関連する記事

外貨exアカデミー

シリーズから選ぶ

投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。また、店頭外国為替証拠金取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。

FX・バイナリーオプションなら外貨ex byGMO
当社は東証プライム上場GMOインターネット
(証券コード9449)のグループ企業です。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
一般社団法人日本投資顧問業協会

外貨ex byGMO