GMO外貨

自己資本規制比率

(単位:百万円)
2022年2月末

基本的項目 (A) 13,222
補完的項目 (B) 2,500
その他有価証券評価差額金(評価益)等 -
金融先物取引責任準備金等 -
一般貸倒引当金 -
長期劣後債務 -
短期劣後債務 2,500
控除資産 (C) 2,876
固定化されていない自己資本
(A)+(B)-(C)
(D) 12,845
リスク相当額 (E) 1,849
市場リスク相当額 33
取引先リスク相当額 167
基礎的リスク相当額 1,647
控除前リスク相当額 1,849
暗号資産等による控除額(第17条関係) -
自己資本規制比率
(D)/(E)×100
(F) 694.6%

自己資本規制比率は、小数点以下第2位以下を切り捨て、小数点以下第1位まで記載しております。

【⾦融商品取引業等に関する内閣府令第180条第3項に規定する注記】

劣後債務の金額 劣後債務の契約日 劣後債務の弁済期日
2,500百万円 2021年9⽉27日 2023年9⽉30日
投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社ホームページ記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
各商品には価格の変動による損失が生じるおそれがあります。
また、店頭外国為替証拠金取引、店頭デリバティブ取引及び、店頭商品デリバティブ取引をお取引いただく場合は、当社所定の証拠金が必要となり、元本を超える損失が生じるおそれがあります。
なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」及び「目論見書」等をよくお読み頂き、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行ってください。
当社の企業情報は、当社の本店、当社のホームページ及び日本商品先物取引協会のホームページ(https://www.nisshokyo.or.jp/index.html)で開示されています。
問い合わせ先:0120-724-277(受付時間:平日・祝日 午前8:00~午後5:00 土日休み)

FX・CFD・バイナリーオプションならGMO外貨
当社はGMOインターネットグループ
(東証プライム上場9449)のメンバーです。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号 商品先物取引業者
加入協会 日本証券業協会 
一般社団法人金融先物取引業協会 
日本商品先物取引協会

SSL GMOグローバルサインのサイトシール